Two the Second

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の降る休日の午後は

<<   作成日時 : 2008/05/31 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 といっても週末は夜型の私には休日の午前中は殆ど無いわけですが・・・。バイクも雨が降っていては乗る気にはならず久しぶりにCADをいじったりしてみました。と言うことで今日は普段CADを触っていない人にはサパーリな内容になるかと思いますがご了承ください。

 CADと言っても会社に闇出勤とかではなく今日いじっていたのは部屋のPCにインストールしてある奴です。念のため書いておくと別に出どころが怪しいものではなくれっきとしたフリーのCADです。フリーのCADと言うとJW-CADが超有名どころで某ゼネコンでは経費削減のために導入されたとか実績も申し分ありません。2DメインならDXFが読み書きができて線が引ければあまり問題にならないとは思いますがそれなら会社のPC(AutoCAD-echanical)で出来るので部屋のPCには少々変わったものを入れてあります。それはズバリ3D-CAD!
 現在の部署では3D-CADは使えないのですが設計にいた頃はAutoDeskのInventorが端末にインストールされていて仕事の合間にちょくちょくいじれました。もっとも私の周りは誰一人触っているひとがおらずライセンスの価格を考えると非常に勿体無いことでしたが日ごろの業務に使う必要が無いと言われてしまえばそれまでのことで・・・当時CAD/PCのお守りをしていた私にとっては少々悲しいことでした。ちなみに現在もその状況は変わっていないようで・・・(T_T)。
 で、話はもどりますが私が自宅で使っているものはこちら。PTC CoCreate Modeling Personal Edition ちなみに昨年末にPTC(Pro/Eで有名なあの会社ですね)に買収される前はCoCreate One Space Modelingと言う名前でした。

http://japan.cocreate.com/ModelingPE2.cfm

 これは複写機(なんて書くと年齢を疑われそうですね)なんかの業界では結構メジャーな存在のCADらしく、ノンヒストリ型といって作成した部品にワークプレーンやフィーチャーの履歴がくっついていかないもので以下のようなメリットがあるそうです。
・データが軽い
・拘束条件をまったく意識する必要がない
・履歴を持たないために、誰にでも容易にモデルの再利用や編集が可能

 先述のInventorは全ての部品に履歴がついて回るので確かに面倒な部分はあったのですが人生において初めて触った3D-CADがInventorだったためそれに慣れてしまい逆にノンヒストリ型に馴染むのには相当時間が掛かりそうです。この点、仕事に使うツールとしては書こうと思ったらプロセスを考えなくても手が動くまで慣れていないと話しにならないことを改めて実感しました。ただし、形式や好き嫌いは別としても商業ベースの3D-CADが無料で手に入り趣味としてつかえるとあっては活用しない手はありません(商業用の3D-CADはとても個人で手が出るような値段ではありませんからね)。今日は仕事関係の内容で触ってましたが日曜大工とか趣味につかう図面の作成、もしかしたら引越し時の家具レイアウト、搬入ルート及びその可否あたりもこれで出来るかもしれません。IGESの書き出しは無理ですが読むことは可能ですので会社のCADで密かにデータをつくってから家で趣味に使うことも可能と案外つかえるかも・・・。
 てことで今日の練習では80番のチェーンとスプロケットなどを作図。スプロケットはメーカーのHPからIGESでダウンロードしてインポート、チェーンはDXFしかなかったのでDXFをインポートしててその平面図から各要素を立体化して組み立てて見ました。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の降る休日の午後は Two the Second/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる